MENU

看護師が復職する際の面接のポイント

看護師の復職に関しては例え5年以上のブランクがあったとしても理解のある病院が増えてきているということもあってそれほど難しく捉える必要はなくなってきています。ただし、しっかりと対策ができていなければ求人に応募したとしても採用審査ではねられてしまうこともあったりますから十分な準備をしておかなければなりません。

 

やはり、病院側としても看護師の資格を持っていさえすれば誰でも良いというわけではなく一緒に仕事をしたいと思えるような人材を求めるのは当然です。特に面接というのはその人の印象を大きく左右するとても重要な審査になってきますから悪い印象を与えないよう注意するようにしていくことは必要不可欠だと言えるでしょう。

 

なお、面接においてはいくつか押さえておきたいポイントがあるのですがその中でも特に重要になってくるのが「退職理由」になってきます。なぜ前の職場を辞めたのかという理由については面接官もとても気になるポイントですからしっかりと準備をして明確に答えられるようにしておきましょう。

 

基本的に結婚や出産などの事情によって退職することになった場合にはその理由をそのまま伝えても問題はありません。しかし、人間関係を始めとするネガティブな理由が原因だった場合にはそのことに関して愚痴のように話してしまうとあまり良い印象を持ってもらえないため気をつけることが大切です。

 

やはり、同じ職場で働くことになる以上、人間関係が上手くいかなかったという場合には例え自分に問題がなかったとしても協調性に問題があるのでは?というような疑念を持たれることになりがちです。ネガティブなイメージはマイナス評価に繋がりますから他の理由を考えることも時には必要になってきます。

 

また、「どうしてこの職場を選んだのか?」といった質問されやすい定番の内容についてもあらかじめ準備しておくことが大切になってきます。実際の面接の場では瞬時にそれらの理由を考えるというのは難しいため事前に予想して押さえられるポイントについてはしっかりと押さえておくようにしてください。

 

なお、面接対策についても応募書類の作成と同様に看護師転職支援サービスの担当者に協力してもらうことで万全の状態で臨むことができるようになっています。面接に不安があるという場合には事前にしっかりと模擬面接を行うなどして、本番では面接官に好印象を持ってもらえるようにしていくことが何よりも大切です。

 

 

看護師転職ビギナーズ