MENU

夜勤をしたくない看護師はとても多い

看護師として病院で働いていると夜勤をしなければならないことも少なくはありません。やはり、夜中に容態が急変してしまう患者さんがいることを考えると医療の現場では数人体制で交代しながら常にナースコールに備えなければならないのは業務の性質上どうしても仕方のないことです。

 

しかし、夜勤をするとなると日中に働くことが多い人にとっては生活サイクルが乱れる原因にもなってしまいがちです。もちろん、仮眠室で休憩をとりながら行うことにはなるわけですが、不規則な時間帯で働いていれば例え特別なことをしていなかったとしても疲れがたまりやすくなってしまうのは当然のことだと言えるでしょう。

 

大前提として日勤の日もあれば夜勤の日もあるという不規則な生活をしていればそれだけでストレスを感じてしまうのも無理はないことになってきます。特に神経質な性格の人であれば休憩時間に気を休めるということもなかなかできないでしょうからこの生活は自分には向いていないと感じることもあるのではないでしょうか。

 

そういったこともあり看護師として働きたいという気持ちはあるのだけれどしんどいので夜勤はしたくないという人は思った以上に多いものです。やはり、夜勤をせずに日勤のみで働けるのであればそれに越したことはないと思うのは誰しも同じことですから決して我がままなことだという風に捉える必要はありません。

 

実際に夜勤が全く必要ない日勤のみの条件で働ける病院というのもありますから場合によってはそういった職場に転職することを検討してみるのも良いでしょう。日勤のみの職場であれば生活リズムが不規則になることもないため精神的にもこれまでに比べてより働きやすくなってくるのは間違いありません。

 

ちなみに、そういった職場がなかなか見つからないという人もいるかもしれませんが日勤のみの条件で看護師を募集している医療機関というのは看護師転職支援サービスで紹介してもらうことができるようになっています。そのため、夜勤なしで働きたいという方はまずは日勤のみという条件を指定して求人を探すことから始めてみるようにして下さい。

 

特にクリニックや介護施設などは日勤のみという条件で働けるところがとても多くなっていたりします。夜勤をしたくない看護師さんは病院以外にもこれらの職場を選択肢の一つとして検討してみるとより生活の幅が広がってくることになりますから、ぜひ一度より自分に合った職場に移ってみることを考えてみるのも良いかもしれません。

 

 

看護師転職ビギナーズ