MENU

夜勤専従の常勤看護師という働き方

病院で働く看護師さんの多くは日勤をしながら時々夜勤が入るというケースがほとんどになっているかと思います。もちろん、中には日勤のみという条件で働いている看護師さんもいるかもしれませんが、通常の常勤看護師として働く場合には日勤と夜勤の両方が入るというのが基本です。

 

しかし、日勤と夜勤の両方が入る働き方というのはどうしても辛いと感じてしまう人も少なくはありません。やはり、睡眠の時間帯がバラバラになってしまうような生活を送ってしまうとどうしても疲れが溜まりやすくなってしまいますからできる限り一定の生活サイクルで働きたいと思うのはごく当然のことだと言えるでしょう。

 

また、日勤の日の場合でも場合によっては残業が入ってしまうということもあるかもしれません。しかし、夜勤もこなさなければならないことを考えると、生活の時間帯が変わってしまう上に残業によって労働時間が増えてしまうことになれば更に精神的にも苦しくなってしまうのは無理もないことになってきます。

 

そこで、一定の生活サイクルで働きたいという看護師さんにオススメになってくるのが夜勤専従の常勤看護師という働き方です。夜勤なしの日勤のみという条件で働いている看護師さんも少なくはないのですが、中には日勤をせずに夜勤だけを専門に行って生活リズムを整えている看護師さんというのも実は少なからずいたりします。

 

もちろん、日勤のみという働き方も生活サイクルを保つためには良いのですが平日の日中の時間を有意義に使いたい場合には夜勤のみで働く方が適していると言えるでしょう。自分のライフスタイルを考えた時に夜だけ働くという方法も選択肢の一つとして持っておくことはより自分に合った働き方ができるようになるためにも物凄く大切です。

 

また、夜勤専従の常勤看護師であれば日勤のみで働く場合に比べて少ない勤務日数でも十分な収入を得られる傾向にあったりします。そのため、せっかく働くのであればより少ない日数で割高な賃金が得られる夜勤専従の方が日勤のみで働く場合に比べてもより効率的な働き方になってくると言えるのです。

 

ちなみに、夜勤専従の常勤看護師を募集している病院というのは看護師転職支援サービスに登録しておくと簡単に紹介してもらうことができるようになっています。もっと自分に合った働き方をしたいという看護師さんはこういった夜勤だけの働き方というのも検討してみるとより自分の人生の幅を広げることができるようになってくるかもしれません。

 

 

看護師転職ビギナーズ