MENU

夜勤がきつい看護師のための働き方改善策

日勤と夜勤の両方が入る看護師さんの中には夜勤がきついという方も少なくはありません。やはり、普段は日中に働いていながらある時には夜中に起きていることを余儀なくされる生活を送っていればどうしても生活リズムが乱れてしまうことになりますから体力的に辛いと感じてしまうのも無理はないかもしれません。

 

もちろん、夜勤をすればそれだけ給料は良くなってくるのですが、やはり無理というのは長く続けられるものではありませんし、それによって仕事を休んでしまうことになるようであれば本末転倒だと言えるでしょう。そのため、夜間に働くのが向いていないという看護師さんにとって夜勤が入ってしまうというのはかなり厄介な問題となっています。

 

もっとも、夜勤というのはどの職場でも必ず行わなければならないというものではなく、中には日勤のみで働ける医療機関というのもあったりします。そのため、もしどうしても夜勤がきついと感じてしまうような場合にはそういった日勤のみで働けるような職場に移るということを一度考えてみると良いかもしれません。

 

例えば、軽度の疾患を扱うのがメインのクリニックなどに関しては夜勤なしの条件で働くことができるようになっています。看護師を必要としている職場というのは何も入院施設のある病院ばかりではありませんのでそういったクリニックなどの職場というのも一つの選択肢として考えてみるのは非常におすすめです。

 

それから、病院勤務の場合でも職場によっては日勤のみで働くということができるようになっています。基本的には配属先が病棟の場合には夜勤が必要になってくることも多いのですが、外来などであれば夜勤なしという条件で働くことが可能になってきますので一度検討してみるのも良いかもしれません。

 

また、逆に夜勤専従で働くという方法も選択肢の一つとしては非常におすすめになってきます。やはり、日勤をせずに夜勤のみで働くようにすれば生活リズムを統一することができるようになってきますし、少ない出勤日数でも十分な収入を得ることができやすくなってきますから非常に効率的な働き方をすることができるようになってくるわけです。

 

この様に看護師というのは勤め先によっては日勤のみ、もしくは夜勤のみという働き方もできるようになっています。そのため、もし夜勤がつらいという場合にはこういった日中もしくは夜間のどちらか一方の時間帯に労働時間を統一するようにしてみるとより精神的にも楽に働くことができるようになってきます。

 

 

看護師転職ビギナーズ