MENU

看護師の残業が多い科と少ない科

日常的に残業をすることの多い看護師さんにとっては残業が多い科と少ない科について知りたいという人もとても多いのではないかと思います。やはり、残業がどれくらいあるのかによって仕事終わりの時間の使い方というのは大きく変わってくることになりますからこの部分についてはなるべく事前に把握しておくに越したことはありません。

 

さて、まず残業が多い傾向にある科についてなのですが、これに関しては代表的なものとして脳神経外科が挙げられることになってきます。やはり、緊急性の高い患者さんの多い脳神経外科というのはそれだけ看護師としての業務が増えてしまいやすい傾向にありますからどうしても残業を余儀なくされてしまうのは仕方がないと言えるでしょう。

 

それから、循環器科についても緊急入院や患者さんの回転率が早いということで残業をお願いされることが多くなる傾向にあったりします。循環器科というのは他の科に比べて容態が急変してしまいがちな患者さんを多く看護することになりますからそれだけハードな業務内容になるということはある程度覚悟してから働かなければなりません。

 

次に、残業が少ない傾向にある科についてですが、代表的なものにはまず精神科が挙げられることになってきます。やはり、精神科というのはすぐに入院が求められるような緊急性の高い患者さんが多く来院するというわけではありませんから、緊急性の高い他の科と比べると残業が少なくなるのは当然だと言えるでしょう。

 

また、皮膚科についても精神科と同様に残業を求められることの少ない傾向にある科として挙げられることになってきます。基本的に診察は決まった時間内に行われる上に、緊急性の高い患者さんもめったに見られないことになってきますから他の科のように頻繁に夜遅くまで残業をしなければならないということを心配する必要はありません。

 

ちなみに、この他にも残業の多い科や少ない科はあるのですが基本的には同じ科でも医療機関によってどれくらい忙しいのかは異なることになってきます。そのため、残業の少ない科で無理なく働きたいという場合には精神科や皮膚科などの「緊急性のそれほど高くない患者さんを多く扱う医療機関」をメインの候補として検討してみると良いでしょう。

 

なお、残業に関して希望の条件がある場合には看護師転職支援サービスを利用するとよりその条件に合った職場を紹介して貰うことができるようになっています。そのため、残業のことで悩んでいるという看護師さんはまずは希望の条件を指定した上でより自分に合った転職先を見つけていくようにしていくことが大切です。

 

 

看護師転職ビギナーズ