MENU

30代の看護師の転職

30代になってくると一定の仕事内容をスムーズにこなすことができるようになってくるため看護師さんの中には転職を考えるようになってくる人もいたりします。転職を考えるキッカケに関しては人それぞれ違ってくるわけですが基本的にはライフスタイルの変化やキャリアアップ、人間関係などがメインになっているようです。

 

例えば、結婚したり妊娠・出産によって一度仕事を離れることになったものの、再び看護師として働きたいというようなケースは典型例になってきます。やはり、家庭を持ったことで一度は仕事を辞めることになったのだけど生活が落ち着いたら復職したいと考えるようになってくる看護師さんというのは非常に多くなっているものです。

 

また、小さな子供がいることで「仕事と子育てとの両立ができる職場に移りたい」という風に考えて転職するというケースも珍しくありません。こういった場合には主に24時間対応の託児所が完備されていたり、残業の少ないクリニック等の医療機関に移るということがポイントになることになってきます。

 

それから、専門看護師や認定看護師などの資格取得を考えて必要な実務研修を受けられる医療機関に転職するという人も中には少なからず見受けられるようです。もしも今の職場で資格取得に必要な条件を満たせないというような状況にあるのであれば転職して希望の分野に対応した職場で働くようにすることも時には必要になってくると言えるでしょう。

 

他にも、人間関係が原因で別の職場に移りたいと考える人も決して少なくはありません。基本的に人間関係というのはどの職場でもつきものなのですが、探してみれば人間関係の良好な職場というのも見つかりますからそういった職場で働けば人間関係の悩みも解消することができるようになってきます。

 

この様に30代の看護師というのは様々な理由で転職を考えるようになる変化の大きな年代になってきます。もちろん、初めての転職になる場合には不安もあるかもしれませんが思い切って転職したことでより自分に合った働き方ができるようになる看護師さんもとても多くなっていますからあまり難しく考え過ぎる必要というのはありません。

 

ちなみに、これから新しい職場を探したいという方は看護師転職支援サービスを活用するとより条件の良い求人を見つけることができるようになってきます。看護師転職支援サービスでは一般非公開の求人を紹介してもらうことができますから特にこれまでの職場よりも条件の良い職場が良いという場合には必ず利用するようにしていくことが大切です。

 

 

看護師転職ビギナーズ