MENU

50代の看護師の転職

20代の頃から看護師として働き、50代に入ってくると周囲からもベテランナースとしての認識が強くなってくることになります。この年代の看護師の転職理由についても他の年代と同様に様々なものがあるわけですが、基本的には体力面を考えてよりゆったりとした環境で働きたいという人がとても多くなってくるようです。

 

例えば、これまで非常に忙しい病棟で働いていたという看護師さんであれば療養型の病院や訪問看護などを希望する人もとても多くなっていたりします。このような環境であればゆっくりと患者さんのケアを行うことができるため一人一人の患者さんに丁寧に接することができるのはもちろんのこと、体力面での心配というのもありません。

 

それから、これまでに培ってきた経験を生かして定年後も雇ってくれる職場で働けるようにしておきたいという看護師さんもいるようです。やはり、定年後というのは収入面の問題もありますし何もしないことは退屈なためより長く看護師として働きたい場合には「期間雇用」の条件を提示している医療機関を探すということがとても大切になってきます。

 

(※)期間雇用の条件を提示している医療機関というのは定年を過ぎてからも一年ごとに雇用契約を更新して働くことのできる職場のことです。期間雇用というのはどの職場でも採用されているわけではないため事前に求人情報をしっかりとチェックしてから応募することが必要不可欠になってきます。

 

また、他の年代の看護師と同じように人間関係が上手くいかなくて別の医療機関に移りたいという看護師さんもいるようです。このような場合には応募前に職場の内部事情を教えてくれる看護師転職支援サービスを活用して職場の定着率や人間関係は良好なのかといった部分を把握するようにしておくと良い転職先を見つけることが可能になってきます。

 

他にも個人的な様々な理由で転職を考える50代の看護師さんは多く、看護師の不足している病院やクリニック、介護施設なども多いことから転職することは全く特別なことではなくなってきています。そのため、転職を希望しているという場合にはまずは無理なく働ける自分に合った求人を探すということから始めるようにしていきましょう。

 

ちなみに、求人を探す際には看護師転職支援サービスを活用することによってハローワーク等では見つからない好条件の職場を紹介してもらうことが可能です。自分に最適な職場を見つけるためにもまずは実績豊富な看護師転職支援サービスに登録して一般非公開になっている求人を紹介してもらうということから始めるようにしてみて下さい。

 

 

看護師転職ビギナーズ