MENU

パワハラが原因で退職する看護師

医療業界のみならず一般的にもパワハラ(パワーハラスメント)というのは非常に深刻な問題となっています。職場で自分よりも上の立場にある人物から様々な形でパワハラを受けてしまい、精神的に非常に苦しくなってしまっている人というのは決して特別な存在ではありません。

 

もちろん、自分に非があることで上司から注意を受けたりするということ自体はどういった世界にもよくあることなのですが、パワハラに関してはそれとはまた全くの別物になってきます。そのため、あまりにも受けている嫌がらせの度が過ぎるというような場合には早めの内に何らかの対応策を講じることが必要になってくると言えるでしょう。

 

例えば、こちらから話しかけた時に完全に無視されてしまうことで必要な業務を行えないというような状況などはパワハラの典型としてよくあったりします。仕事をする上で絶対に必要になる会話のやり取りを拒絶するという行為は非常に悪質な嫌がらせと言っても過言ではありません。

 

それから、新人として入ってきたばかりなのに十分な研修がないまま通常ではありえない量の仕事を任されるということもパワハラとなっています。こういったケースの場合、その異常な業務内容をこなせなければさらに精神的な嫌がらせを受けるというようなことも少なくはありません。

 

また、プライベートな事柄について執拗に聞いてくるような場合というのもパワハラだということが言えるでしょう。特に恋人の存在や結婚の予定などというのは看護師としての業務を行う上では全く関係のないことですから本来であれば深く詮索されるような必要性もないわけです。

 

他にも看護師としての技能を全く必要としない雑用しかさせてもらえないというケースや個人に対する過度な暴言、暴行などもパワハラの典型として挙げられることになってきます。もし、このような状況に立たされている場合にはすぐにでも信頼できる上司に相談して何らかの対処を行うようにしなければなりません。

 

しかし、実際には信頼できる上司に相談してもなかなか状況が改善されないというようなケースというのも少なくはなかったりします。そのため、どうしても執拗なパワハラに耐えられないようであれば別の人間関係の良好な医療機関を探して転職するということも場合によっては必要になってくると言えるでしょう。

 

パワハラによって退職してしまう看護師というのは珍しくなく、職場内で問題を解決しようとしてもなかなか上手くいかないということも非常に多くなっていたりします。そのため、状況がほとんど改善されないようであれば自らが別の環境に移ることによって好ましくない人間関係を断ち切るということも時には必要になってくるのです。

 

 

看護師転職ビギナーズ